ガン遺伝子検査

がん遺伝子検査のご案内“超“早期がんリスク評価ガンはどうしてできるのか?予防管理どんな風に検査するの?
再発防止管理なぜ、がん遺伝子検査なのか他の検査方法との比較多数がん関連遺伝子の一括検査

がん遺伝子検査のご案内

「ガン遺伝子検査」は、正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の状態を調べ、画像診断では発見不可能な微細ながんの存在リスクを評価するものです。

“超“早期がんリスク評価

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの微細ながんの存在リスクを評価します。 これにより、“超“早期がんリスク評価、早期治療、治癒率向上を目指します。

ガンはどうしてできるのか?

ガンはどうしてできるのか?

予防管理

微細ながんの存在リスク、遺伝子変異による発がんリスクの評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。 これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。

どんな風に検査するの?

来院いただき、問診表に記入の上、採血をして検査いたします。検査結果が出るまでは、精密検査コースで2週間〜3週間、基本的なフリーDNAを調べる基本コースで1週間となります。

どんな風に検査するの?

再発防止管理

がん治療後のがん再発リスクを評価します。がん治療後、定期的な遺伝子検査により、「がんが再発にむかって進行しているのか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止指導に有用な情報を 提供します。

なぜ、がん遺伝子検査なのか

がん細胞は、さまざまな生活要因習慣、環境により正常細胞の遺伝子が複数傷つくことで、発生します。
多くの場合がん細胞は、下図のプロセスで発生し、増殖していきます。

したがってがん細胞とは、数個〜10個程度の遺伝子の多重変異により、

・無制限に細胞分裂する能力
・血管を新生する能力
・新しい組織に転移する能力
をもった細胞といえます。

このように、がん細胞の発生・増殖には、遺伝子の傷、活性化、不活性化などが深く関わっており、このため、これらの状況を調べるがん遺伝子検査が有効と考えられています。

他の検査方法との比較

他の検査方法との比較

他の検査方法との比較

多数がん関連遺伝子の一括検査

がんに関与している「がん遺伝子」「ガン抑制遺伝子」は、現在下記のように多数報告されています。

多数がん関連遺伝子の一括検査

がんに対する「リスク評価」を、より正確に行うために、フリーDNA度測定および多数の遺伝子について、変異解析、発現解析、メチル化解析を行い、総合的に「がんリスク」を評価します。

▲ TOPへ戻る