グルタチオン療法

パーキンソン病に対するグルタチオン療法グルタチオン療法の適応

パーキンソン病に対するグルタチオン療法

米国ではパーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的とするグルタチオン療法は多くの施設で行われていますが、日本ではほとんど知られていません。グルタチオン療法は約30分の点滴で行われ、点滴終了後からで歩行、振戦、バランスなどが明らかに改善する事例もあり、通常は数回の治療で効果を体感します。

この治療の最初の報告は1996年で、パーキンソン病患者9人にグルタチオンを点滴投与したところ、全例で効果が認められ、運動機能の42%が改善しました。また、その効果は3ヶ月持続したと報告されています。

これに注目し、米国で広めたのはPerlmutter Health CenterのDavid Perlmutter医師であり、グルタチオン療法は現在、南フロリダ大学でクリニカルトライアルが進行しています。Perlmutter医師によればパーキンソン病に対する効果は80-90%で、グルタチオンがフリーラジカル・スカベンジャーとして働き、ドーパミン受容体の感受性を高めるからであろうと考えています。また、同時にセロトニン受容体の感受性を高めることでパーキンソンの鬱症状の改善も見られます。

グルタチオン療法の適応

グルタチオン点滴療法は、パーキンソン病、抗がん剤による神経障害、閉塞性動脈硬化症、デトックス(体内解毒)に対して治療が行われています。その他、米国では線維筋痛症、過敏性腸炎、慢性疲労症候群、各種神経系疾患、そしてアンチエイジング分野でもグルタチオンの点滴処方をするクリニックがあります。

グルタチオンそのものは組織に広く分布するSH基をもった化合物であり、グルタチオン(還元型グルタチオン)は、グルタチオンペルオキシダーゼを介して過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し、解毒を促進する作用や抗アレルギー作用をもたらします。

当院では、患者様の体調や病状及び治療状況に応じて、一度に投与するグルタチオン量と各種ビタミンの処方調整を行っております。また、必要な薬剤量が増えても点適費用は一定額としております。

岡田クリニック 症状と治療

▲ TOPへ戻る