教えてオカクリ看護婦さん点滴編

ニンニク注射美肌点滴、美白点滴コエンザイムQ10注射 キレーション点滴高濃度ビタミンC点滴
マイヤーズカクテルをご存じですか?

院長の説明は「何だか難しい話」ばかりのホームページですから、私達ナースが点滴や美容分野について、簡単に説明します♪ 私達が作った症状別の表も参考にして下さい。

症状から治療を探す

疲れると栄養ドリンクを飲む方も多いと思います。では、口からの摂取と点滴を比較するとどうでしょうか?経口摂取は、毒物を内服してしまった時の危険が少ないように、急激に血中濃度は上昇しません。

例えば、経口で5gも飲むのと、点滴で1g落とすのでは、同じ血中濃度になると言えます。これをオカクリの院長は「1:5ルール」と呼んでいますが、それだけビタミンなどの栄養成分をダイレクトに補給できるといった事になるんですって。これらの点滴を総合して“マイヤーズカクテル”と言いますが、その説明もあります。

高濃度ビタミンC点滴は、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー疾患など、ステロイドを使用したくない場合にも、診療で活用されています。ヒスタミン分解作用の得られる濃度まで上げるのが、コツになりますので、天然物質で治療を進めたい患者様から指示されています。 お気軽に何でも相談して下さいね☆ 

オカクリスタッフ一同

ニンニク注射 (4,000円)

疲れがたまっている。無理が効かなくなった。冷え性があって手足が寒い。本格的に疲れがたまってしまわないうちに、その方の体調に合わせて注射処方します。 飲み会前の肝臓保護のレシピもあります。身体が“ぽかぽか”と温まり、冷え性の方でもぐっすり眠れます。疲れていられない“ここぞ♪” の時に有効です。腰痛や肩コリにも良いので、実は整形外科の患者様にもファンがいらっしゃいます♪

美肌点滴、美白点滴 (各種マイヤーズカクテル 6,500円〜)

無理なダイエットや徹夜疲れで、肌感が落ちてしまうのは仕方が無いと思っていらっしゃいませんか?成分の20%程度しか消化管から吸収しないとされているサプリメントと異なり、点滴は全成分が身体をめぐります。肌荒れ改善や、吹き出物の改善、疲労回復など美白やハリが出ることで話題の高濃度ビタミンC点滴も、その方それぞれの体調にあわせて処方可能です。

また、高濃度ビタミンC点滴の美容効果としては、・メラニンの白色化、シミや肝斑、肌の美白、・コラーゲン生成を促して、シワ・たるみを防止・免疫機能を強化して、風邪の予防や疲労回復効果・抗酸化作用で生活習慣病や老化を予防、・アトピー性皮膚炎などのアレルギー肌改善効果・肌の保水力を上げる など注目されています。

キレーション点滴(21,000円)

デトックスで有名な岩盤浴の親玉です♪これだと、鉛やヒソ、カドミウムなど、お肌の敵を点滴で追い出します。デトックスの90%は尿や便から。だから(岩盤浴など)汗からが3%の排出に比べると、重金属中毒の治療にも利用される点滴の効果は大きいです。興味のある方は爪の検査をしてみて重金属がたまっている場合は、赤ちゃんを生む前にお掃除しましょう。 マグロやキンメダイなどの妊婦さんに対する摂取量で、胎盤を通過する重金属を注意する勧告が厚生労働省から出ています。それだけ、有害重金属の蓄積が問題になっていると言えます。

また、年齢を重ねるほど蓄積量が大きくなる報告があり、出産前ももちろんですが、動脈硬化の気になる年代の方々からも注目されています。 院長はアメリカ学会(ACAM)に準拠する国内研究会のキレーション認定医だから安心して相談してください。同時に動脈硬化の改善も期待できますから、血圧の高いお父さんたちのデトックス、動脈硬化治療にも人気です。

▲ TOPへ戻る

高濃度ビタミンC点滴(15g 12,000円〜)

ビタミンCの効果は?

ビタミンCは抗酸化作用をもち、細胞老化、抗酸化力、様々な良い点が述べられていますよね。では、雑食の動物はともあれ、肉食動物はどうしているのでしょう、、、。実はイヌ、ネコ、ヤギも、食物から全てのビタミンCを摂取する訳ではありません。霊長類やモグラ以外は、ブドウ糖からGLO(L−グロノラクトン・オキシダーゼ )という体内酵素を利用して、ブドウ糖からビタミンCを合成しているのです。特に病気のヤギは、通常の10倍もビタミンCを合成し「病気である」という体内環境を自ら改善しているのです。すなわち、我々ヒトは潜在的にビタミンC不足と言えるのです。

GLOがGlucoseからAscorbic Acidに変換する人間が失った酵素なのです
図:GLOがGlucoseからAscorbic Acidに変換する人間が失った酵素なのです

GLOは、我々が100万年前まで持っていた酵素ですが、現代人はこれが発現しない遺伝子型です。すなわち外部から補充しなければならず、潜在的なビタミンC不足と言えるのです。

  mg/kg/d 人間に換算すると
人間 1 60 mg/d
3 200 mg/d
8 500 mg/d
100 7,000 mg/d
ヤギ 190 14,000 mg/d
病気のヤギ 〜1300 100,000 mg/d

動物の体重を考慮すると、ヒトはビタミンC摂取が体重換算で少なすぎると言えます。野生の猿は、たくさんのフルーツからビタミンCを摂取していますから、同じ霊長類として私達ヒトも積極的に摂取する事が望まれます。

ビタミンC摂取の効率的な方法は?

ビタミンCのサプリを飲んでいる方も多いでしょう。試験的にビタミンCを内服してみましょう。200mg、1,000mg 、2,000mg、3,000mg一度に飲む量をどんどん増やします。それに合わせて血中濃度がどんどん上昇するのでしょうか?いいえ、上がらないんです。スタッフ皆で実験しましたが、ある一定で止まってしまい、約1.2〜1.5 mg/dlで打ち止めです。結果、一度に沢山飲んでも血中濃度維持は変わらない事がわかっています。血中濃度維持を目的とするならば、3〜4hrごとに少量飲んだ方が効率的とも言えます。

ビタミンC摂取の効率的な方法は?

経口投与だと、いくら量を多く飲んでもあがりません。でも血管内点滴だと効率的に末梢までのビタミンC濃度が上昇します。これはサプリでは決して得られない効果と言えます。

びっくりするほど、血中ビタミンC濃度をあげるとどうなるの?

普通は上昇しても1.7 mg/dl程度のビタミンC血中濃度を、高濃度ビタミンC点滴で上げて行くとこんな効果があるのです!

血中濃度正常値   0.6〜1.7 mg/dl
抗ウイルス効果   10〜15 mg/dl
ヒスタミン分解   88 mg/dl
抗がん作用     300 mg/dl

花粉症やアトピー性皮膚炎やアレルギー疾患を抑えるヒスタミン分解作用、風邪やインフルエンザを改善する抗ウィルス作用、新生物、ガン細胞を効果的にたたく抗ガン剤作用、、、。信じられないかも知れませんが、アメリカのブライトスポット病院などでは、この効果を利用して抗ガン剤を使わずに腫瘍をたたく治療を年間3,000件以上も行っています。アメリカにおいては、NIHのスタディーも進んでいますし、様々な施設で効果の評価が進んでいる、ある意味「副作用の無い自然の栄養成分を利用した最新の抗ガン剤」とも言えるのです。

びっくりするほど、血中ビタミンC濃度をあげるとどうなるの?

ブライトスポット中心に治療に準じており、薬剤も、品質的に一番望ましいMylan社(旧Bioniche Pharma社)製を使用しています。

当院での治療は、、、

高濃度ビタミンC点滴による代表的な効果は以下の通りになります。
・抗酸化作用で生活習慣病や老化を予防
・風邪やインフルエンザの治療に
・コラーゲン生成促進によるシワ予防作用
・花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー改善効果
・肌の保水力を上げる
・慢性的な疲労回復効果
・抗がん剤効果

血管内で、ビタミンCから、過酸化水素を発生させるメカニズムのシェーマです。

がん細胞が、過酸化水素を中和できない事は、がん細胞の「カタラーゼ活性」が低い事によります。

すなわち、正常な細胞には、何ら問題を生じず、悪性腫瘍だけに抗がん剤効果が得られます。

高濃度ビタミンC点滴において期待出来る効果は、、、美白、コラーゲン増大、アレルギー疾患改善、ガン予防、、、いずれの場合も、その作用が得られる濃度に血中ビタミンC濃度を上昇させることが重要です。それらの作用を得られるまでビタミンCを上昇させるには、当然内服では無理。そこで、質の良い高濃度ビタミンC点滴の登場なのです。

注意する点は?

こんな良い事ずくめのビタミンC点滴ですが、G6PD欠損症だと溶血を起こす可能性があります。危険で無い事をしっかり検査するために、25g以上の点滴をする場合、必ずG6PD酵素欠損を検査する事は、専門施設であれば常識です。また、ブドウ糖とビタミンCの構造が似ていましたよね。このため、耳などからの血液で検査する簡易血糖チェッカーを利用する場合、実際血糖値は高くないのに「偽高血糖」が出てしまいます。インスリンの単位を血糖によって決めている場合は、この見掛け倒しの「偽高血糖」にだまされない事が重要です。不明な点は担当Dr.にご相談下さい。

なお、当院でのビタミンCは、Mylan社(旧Bioniche Pharma社)製であり、製品的に安定した信頼性の高いもの、かつ国産の製剤のように防腐剤の混入も無く、大量投与において全く問題の無い製品です。Mylan社(旧Bioniche Pharma社)製の製剤は、他社製品と比較して高価ですが、各国の抗がん剤利用の臨床試験にも利用されているものですから、より一層ご安心いただけます。(現在、複数の輸送ルートを確保し、天災などによる欠品に備えるため、他にMedaus社、及びDAEHAN new Pharm社の製品も使用しています)

抗がん剤としての詳細はこちらをご覧下さい。

▲ TOPへ戻る

マイヤーズカクテルをご存じですか?

もちろんお酒ではありません。これは、米国の有名な開業医であるDr.マイヤーズの有名な点滴を、アランガビー医師が現代版にリニューアルした治療を指すんです。マイヤーズ先生は、めまい、耳鳴り、疲れ、喘息発作、日常的に遭遇する様々な体調不良を、重要な栄養素とミネラルを急速静脈注射で投与することによって改善させるという点滴療法を確立した元祖ともいえるDr.です。

しかし後継者がおらず、その秘伝を伝承していなかったため、その技術は立ち消えになってしまっていました。そのマイヤーズカクテルをガビーDr.が現代版にリニューアルし、米国はおろか、全世界のDr.がそのレシピに沿って、様々な症状の改善にあたっています。

Gaby Dr.
Gaby Dr.

効果は、、、?

マイヤーズカクテルは、各科専門家である各医師によって詳細なレシピは異なります。すなわちメインとなる成分は大きく変わりませんが、患者さんの症状によってオーダメイドとしてビタミン群及びミネラルの調整をします。喘息、耳鳴り、めまい、花粉症、アレルギー、、、、などなど、その人に不足する成分、症状に合わせたビタミン、ミネラルを急速に満たすことで、経口で投与するよりも劇的に血中濃度を上げ、効果的にステロイドや抗ヒスタミン剤、抗めまい薬などの姑息的な薬剤投与を減少する事をねらっていく事に大きな価値が見出されています。

口から、、それとも血管注射?その栄養成分の吸収量は?

皆さんはサプリを経口で内服する事が多いですよね。マイヤーズカクテルの処方を専門的にしている立場から考えると、1:5ルールでレシピを考えます。1:5、、、って?それは、吸収力の割合です。実はタブレット形式の薬を1g内服するのと、血管注射で0.2g注入するのが同じ血中濃度になる事を意味しているのです。すなわち血管注射でであれば5分の1の量で効果的に栄養補給が可能であり、これは栄養ドリンクを飲むのとは比較になりません。

経口だといくら沢山飲んでも、ある一定濃度以上には栄養成分の血中濃度はは上昇しません。例えばニンニク「注射」だとニンニク100個〜200個もの有益な成分が効果的に一気に体内を循環します。これは、毒物や異物を「経口」で飲んでしまった場合に備えて、元来人間がもっている安全弁が、そのような血中濃度のマイルドな上昇でとどめる効果を生むとも言い換えられるのです。(ビタミンCなどは、いくらサプリメントを飲んでも血中濃度は、一定以上はあがりません。)

それだけに、マイヤーズカクテルのレシピは、少し調整するだけでかなりの効果に違いがあります。担当Dr.により、効き味が異なって来ますし、患者さんの症状によっても異なります。まずは、栄養療法として体内環境を整えていきますが、急性期の治療や症状改善はマイヤーズで平行して行う方が多いみたい。姑息的な治療に徹するよりも、豊富な知識を持つDr.に相談する方が、ただ漠然と内服を続ける事なく、建設的な治療になるケースが多いです。

当院でのマイヤーズカクテル

様々な栄養素を急速静注しますが、これらの中のミネラルが血管や気道の過敏な収縮を防ぎます。また、抗酸化作用をねらったビタミンC、その他、ビタミンB群、そのどれもが貴方の身体に合わせた内容になっています。ニンニク注射も効果的なレシピですが、「貴方だけのオーダーメイドの点滴」を組み立てるためにも、まずは体調を中心に、お気軽にご相談下さい。

▲ TOPへ戻る

ホームページ内の価格は税抜き表示としています。