I2PL・フォトフェイシャル

光治療(第二世代IPL)フォト・レジュビネーション美顔術I2PLブライト フォトダイナミクス
フォトダイナミクス医療脱毛

シミの原因メラニンだけを破壊する強力なシミ・あざ治療機器。

よりよい治療法でムダな治療費もなくします。Q-YAGレーザーや一般的なフォトフェイシャル等で消えなかったシミもお気軽に御相談下さい。

治療にあたっては、おひとりおひとりのお肌の状態を見極めます。例えば、表皮のシミは弱め、真皮に達しているシミはやや強めなど、まずシミの種類を見極め、レーザーの出力設定をします。ここで間違った判断をすると、不必要に何度もレーザーを打たなくてはいけなかったり、逆に強すぎてやけどなどを引き起こしてしまいます。
シミのレーザー治療はその前後のケアも大変重要です。シミの種類によっては、レーザーを打つ前に塗り薬でシミを薄くしておき、レーザーを照射することもあります。

こうすることでお肌にかかる負担が少なくなり、仕上がりもよりきれいになりますし、結果的に治療費も安く抑えられます。レーザー後は、シミが再発しないようにアドバイスも行っています。



▲ TOPへ戻る

強力なシミ・あざ治療機器です。

Qスイッチルビーレーザーは694nmの単一波光をシミに照射し、シミやあざの原因であるメラニンだけを破壊することで、周りの皮膚を傷めずにシミを消すことが出来る、非常に強力なシミ・あざ治療機器です。


レーザー治療が可能なシミ

老人性色素斑 ソバカス 太田母斑 扁平母斑 色素性母斑 黒色系の刺青 遅発性太田母斑 異所性蒙古班 外傷性色素沈着 など

▲ TOPへ戻る

Qスイッチルビーレーザーで治療できるシミの種類は?

お顔のほとんどのシミ(老人性シミ)が治療できます。

お顔のほとんどのシミ(老人性シミ)が治療できます。
当院のレーザーにはQスイッチモードが付いています。院内のシミをとるための機器にはもう一台I2PLがありますが、非常に深い部位にあるシミはQスイッチモードでないと取れません。また、太田母斑や扁平母斑などのあざもQスイッチモードでないと取れないことがあります。Qスイッチモードがついているほうが、より幅広いシミに対応できるのです。
ただし、肝斑(かんぱん)というシミにレーザーを照射すると、かえって濃くなることがあります。そのためレーザーは使えません。肝斑の場合はトレチノインやハイドロキノン及びケミカルピーリング治療を行っています。また、そばかすやシミと肝斑が重なっている場合は、レーザーでテスト照射などをしながら、レーザー治療を行うべきかどうか十分に検討して判断いたします。

▲ TOPへ戻る

手や足など体のシミは?

体のシミも治療できます。

胸・背中のシミよりも、下半身・手・腕などのシミはきれいになるまで、時間がかかります。一般に血の巡りが悪いところほど、レーザー治療後に周囲となじむまで時間がかかるとお考えください。手は顔のシミよりも経過が長くかかり、足は手よりも治りが遅いのが一般的です。

▲ TOPへ戻る

扁平母斑(茶色のあざ)について。

扁平母斑はレーザー治療ではさまざまな結果が出ます。

扁平母斑にレーザーを照射すると、あざが薄くなる場合とかえって濃くなる場合、あまり変わらない場合などさまざまな結果となります。また、扁平母斑は再発しやすいことでも知られています。扁平母斑の場合も試し打ちを行うなど、レーザー治療を行うべきかどうか医師が十分に検討して判断いたします。

▲ TOPへ戻る

健康保険が使える場合があります。

異所性蒙古斑(青あざ)、太田母斑、扁平母斑(茶あざ)などは保険診療が可能です。

以上の場合は健康保険が使えますので、保険で定められた治療費(3割負担)となります。3ヶ月あけると次回のレーザー治療が可能です。

▲ TOPへ戻る

副作用・後遺症などのリスクについて。

Qスイッチルビーレーザーは、皮膚のメラニン色素を破壊するレーザーです。しかし、出力を上げすぎたり、治療間隔を十分にあけないと、皮膚の色が抜けて白っぽくなってしまったり、傷を作ってしまいます。出力が弱いとメラニン色素が全く破壊されず、シミを取ることはできません。副作用を起こさず、かつ最大限効果の出るよう出力を判断・調節します。
レーザー前後のケアも大変重要です。シミ・あざの種類や皮膚の状態によって、前後のケアの仕方も異なります。

▲ TOPへ戻る

オカクリスタッフより

「最近になり、いろいろな機器が登場しましたが、Qスイッチルビーレーザーは美容に欠かせない治療です。塗り薬とこのレーザーがあれば、ほとんどのシミをなくすことができます。ただしナース照射が可能であるフォトフェイシャル(I2PL)と異なり、Qスイッチ付きルビーレーザーはDrしか照射出来ません。診療に忙しい事が多いので、どうしても当日照射して欲しい場合は、機械をおさえる意味でも御予約いただく事がオススメです。」







●このような方に

お顔・体のシミ・そばかすが気になる
あざを消したい
怪我のあとが黒ずんでいる
刺青(タトゥー)を消したい など

●所要時間・回数・期間など

シミの性質や深さによって違います。お肌のきわめて浅い部分の薄いシミならば1回で取れます。あざの場合は3回〜10回程度の照射が必要です。より深い部位のシミであるほど、照射の回数が必要となります。
メラニンが浅ければ茶色、少し深いと黒色、かなり深いと青色に見えます、必要な照射回数の目安になります。

●施術について

カウンセリング当日の治療 : 予約時にレーザー治療(Qスイッチルビー)ご希望とお伝えください。
メイク : 翌日頃から可能です。
洗顔 : 当日から可能です。
入浴 : 照射当日はシャワー程度にしてください。

●効果持続期間

多くのシミやあざは、アフターケアを行えば再発の可能性は少ないです。そばかすや肝斑(かんぱん)は特にしっかりとケアしていただく必要があります。

老人性色素斑 ソバカス 太田母斑 扁平母斑 色素性母斑 黒色系の刺青 遅発性太田母斑 異所性蒙古班 外傷性色素沈着 など




▲ TOPへ戻る

レーザー治療(Qスイッチ付きルビーレーザー)よくあるご質問

Q.痛くありませんか?

A.輪ゴムでパチンとはじかれる程度の痛みがあります。ご希望の方には痛み止めのシールをレーザー照射前に貼ります。(ペンレスという麻酔シールです。)

Q.他の機械、I2PLなどのフォトフェイシャル(光治療機器)とどう違うのですか?

A.シミやあざの原因であるメラニンだけを破壊します。まわりの皮膚を痛めず、傷を作らずにシミ治療が可能な機器です。

Q.どんなこと(肌の状態)に具体的に効果がありますか?

A.ほとんどのシミ、そばかすに極めて高い効果があります。ホクロやアザに対しては、数ヶ月おきに繰り返し照射することで、傷を作ることなくきれいに薄くなっていきます。

Q.保険診療は可能ですか?

A.異所性蒙古斑、太田母斑、扁平母斑は保険が適用されます。(3割負担)

Q.自分のお肌(シミ・そばかす)がトレチノイン・ハイドロキノン治療とどちらがよいかわかりません。

A.お肌の表皮レベルにある(つまり浅い)シミは、トレチノイン・ハイドロキノン治療もレーザー治療でもほとんどの場合、よくなります。深いシミやあざは、トレチノイン・ハイドロキノン治療を1ヶ月程度行ってから、レーザー治療を行うことがあります。簡単な見分け方は、茶色いシミはどちらでも効果的、黒や青色ではメラニンがお肌の深い部分の真皮にも存在するので、レーザー治療も必要です。

Q.盛り上がったほくろも取れますか?

A.盛り上がったほくろは、他の機器で平らにしてから、レーザー治療(Qスイッチルビー)を照射します。この方法が比較的きれいに仕上がります。

Q.かんぱん(肝斑)にも効きますか?

A.海外では肝斑にレーザー照射することがありますが、肝斑にレーザーを照射するとかえって濃くなることがあります。そのため当院では今のところ、塗り薬や飲み薬の治療法を行っています。肝斑は女性ホルモンが影響すると考えられており、いったんきれいになっても、日頃のお手入れ(ハイドロキノン等の塗り薬やトランサミン等の飲み薬など)は欠かせません。

Q.治療後にテープを貼らないのですか?

A.よほど広い範囲の治療でない限り、当院では貼りません。洗顔は当日から、お化粧も翌日から可能です。ただし、治療後は日焼け止めをキチンと塗りましょう。

▲ TOPへ戻る