Contents
  • 武蔵野市吉祥寺の整形外科・リウマチ・美容皮膚科/岡田クリニック/クリニック紹介
  • 一般的な皮膚診療
  • 整形外科
  • 武蔵野市吉祥寺の整形外科・リウマチ・美容皮膚科/岡田クリニック/リウマチ
  • ACR療法 (多血小板血漿 (PRP) 注入)
  • 栄養療法・ホルモン補充療法
  • 武蔵野市吉祥寺の整形外科・リウマチ・美容皮膚科/岡田クリニック/トップページ

    栄養療法

    栄養療法とはサプリメント“摂取する食物以外からはわれわれの身体的な構造物は出来ません”
    対症療法と異なるアプローチ

    エイジングケアとは、、、インナービューティーとは、、、

    美容皮膚科における、レーザーやケミカルピールなどスキンリジュビネーション、ボトックスやヒアルロン酸注入などが”外見の”エイジングケアであれば、ホルモン補充などは、”内面の”エイジングケアと言い換えることが出来ます。

    日々美容外科的な手技にタッチしていると長期的にはエクソビューティーのみに着目しているだけでは良い結果が得られず、美容に気をつけている方ほど、健康面も含め自然とインナービューティーに興味がわくものと考えています。これは、部分的なエクソビューティーだけでは不自然さを感じさせてしまう事も一因でしょう。

    エイジングケアは、“加齢により引き起こされる病的プロセスを遅らせ、人生の質的、量的改善を目指す専門分野” です。老化は酸化ストレス、慢性炎症、たんぱく質のグリケーション、ホルモンレベルの低下やアンバランスなどの結果として生じると考えられています。

    このページでは、内面のエイジングケアを解説しています。エイジングケアは、正しい知識と血液検査などによるしっかりとした評価が重要になります。食事内容や代謝タイプを含めゆっくりとしたペースで体調管理を行い、ひいては“お肌”や“意欲”など様々な面で良い結果が得られる様に、診療を通じて導いていく事が医師を含め、研修を重ねるスタッフ皆の目標です。

    受診された際に、その方に合わせた方法を説明させていただきます。お気軽に御相談ください。

    栄養療法の基本は人間が本来持つ「自然治癒力」を向上させ、病気の原因となりえる状況を改善するとともに、体内環境を正常な状態に維持することで病気にならない未病を作ることにあります。
    人間の体は約60兆個もの細胞で作られていますが、これらの細胞に必要不可欠なものが栄養素、水、酸素です。これらのどれもが不足したり、欠乏することによって細胞が正しく働くことができなくなり、さまざまな症状が現われ、病気へと至ります。

    栄養療法とは

    当院では、院長が師事している米国タホマクリニックのジョナサンライト博士のプログラムに準じて治療をすすめています。アメリカでは、西洋医学で使用する薬で症状を改善するのと同じように、5大栄養素、アミノ酸やハーブなどの機能性成分を用いて症状を改善します。自然治癒力を向上させる基本は食事内容と食生活で、単にサプリメントを摂ればいいというものではありません。サプリメントは薬と同じように、症状、性別、年齢、体調、生活環境および食事内容を考え、使用量、種類、飲む時間など決める必要があります。

    “摂取する食物以外からはわれわれの身体的な構造物は出来ません”

    サプリメントとして摂取している成分は本当に必要なのでしょうか。それと、何を目的にして摂取していくのでしょうか。過剰なものと不足しているものを見極め、体調や症状にあわせて必要なものだけを摂取する。この判断をしていくために、ご自身の身体の内部を知っていただく事から始まります。摂取する食物以外からは、われわれの身体は出来ませんから、今更ながらどのような食事を摂るか、どのような栄養素を摂るかは非常に大きな意味を持ちます。

    ご自身の身体を知っていただくには、何が必要なのでしょうか?具体的には、血液検査、食事のアンケートから始まり、胃酸の分泌量、蛋白及び炭水化物の代謝タイプ、爪の検査、腸内フローラの評価などを行うことで、過剰にとっているミネラルや不足しているミネラルが判明するのと同時に、重金属など、身体に不要な物質の評価や排出に関してのアドバイスが可能です。これをもとにして、治療に必要な判断をしていくこととなります。

    対症療法と異なるアプローチ

    栄養療法のアプローチは、様々な疾病に対して行われていますが、従来の西洋医学の対症療法と異なり、その根本的な改善を目指すところに特徴があります。アトピーや肌荒れがあると、皮膚科にいかれる事と思います。抗アレルギー薬の処方、ステロイドの軟膏、一般的な治療では、対症療法として行われる治療では、なかなか根治的な治療には結びつきません。

    これらの総合的なアプローチをすることで、症状の緩和などにつながり、ステロイド量を減らすなどの結果として見えてくる場合もありますし、疾病によっては寛解、及び治癒につながるケースもあります。

    血液、尿だけでなく、爪、毛髪、だ液、便などの材料を用いた検査結果、食生活や体調に関する質問アンケートの結果などによって現在の症状を多角的に分析し、体内環境を健康な状態にし、自然治癒力を高めるために必要な食事内容、食事の仕方、そして症状に合ったサプリメントの選択とその飲み方を指導させていただきます。また、内服形式では吸収の悪いものに関しては、筋肉注射、あるいは点滴にて対応し、従来のタブレット形式のみではなく、体内吸収率なども含め、コンパウンド処方(その方にあわせた配合処方)も含め医療機関にしか出来ない対応をしております。
    例えば、にきび治療であれば、

    国内における現在のニキビ治療

    ● 抗生物質の飲み薬や塗り薬、レチノイド様作用を有する塗り薬、ビタミン剤

    ● ケミカルピーリングなど

    ニキビの栄養療法

    ● 食事内容の改善 腸内環境の改善 LGS(リーキーガットシンドローム)の評価

    ● 有害ミネラル(水銀 鉛など)の除去

    これらの面からアプローチし、難治性のアレルギーやニキビなどを改善する治療を行っています。
    急性期の治療はもちろん皮膚科的アプローチが重要ですが、長期的には体質の改善を行う事で自然に病態を改善させる事を目標とします。

    ▲ TOPへ戻る